LinuxのNTPについて覚書

お久しぶりです。佐藤です。

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今回はサーバ案件をやっていた際に
「またコマンド忘れてしもたー」となっていたものについて書きます!!

覚書的な回です。

CentOSのバージョンアップにより…

もうバージョンアップしてからだいぶ経ちましたが、
CentOS7になりました。(2014年にリリースしているので5年前ですね。。)
バージョンアップにより、NTPサーバ/クライアントのデーモンが、
ntpdに代わりchronydが標準になりました。
※OSインストールの際に最小限のインストールを選んだ場合、
 ntpdもchronydもインストールされません。

忘れてしまうコマンド

時刻同期状態の確認

↑このコマンドを毎回忘れる。どうでもいいときに思い出すんだよなぁ。

時刻の手動調整

↑基本的に自動同期してくれるので、まだ使ったことないです。
開発環境作って試します。

まだまだ模索途中なので、思いついたときに追記しようかなーと思います!

今回は以上!!

※記事の内容は保証はしておりません(執筆時期や実施環境により挙動が変わるものがある為)。
別途検証してご利用いただくことをおすすめいたします。