iPhoneで撮影した写真がMacからWordPressにアップロードできなかった。。

概要

こちらの記事を書いていたら気付いてしまいました。
iPhoneで撮影した写真をAirdropでMacに移してありまして。
それをブラウザからWordPressにアップロードしようとしたら怒られました。
どうやらHEICに対応していないようです。

HEICとは、iOSで圧縮された画像ファイルのことです。
iOS11からだったかな?
画質そのままで半分近い圧縮がされているそうです。
iPhoneで撮影された画像、スクリーンショットがHEICになります。

※以前、Googleドライブ経由だとPhotoShopで開けない問題があったのを思い出しました。

じゃあどうすればいいんですか…

方法

そう。jpgやpngに変換すればいいだけですね!
Webでも変換ツールとかありますがもっと簡単にできんもんかと。
Macのプレビューからできました。

HEICの画像をプレビューで開いたら、
メニューバーの「ファイル」から「書き出す…」を選択します。

するとウインドウが出てくるので、フォーマットからJPEGやPNGを選択して完了!

元のHEICは残ったまま、選択したフォーマットの画像が生成されます。

まとめ

これ書きながら思いました。
iPhoneから記事を書いた時はこんなこと起きてなかったな、と。
確認してみると、
iOSが別のアプリにアップロードする時になのか、WordPressのアプリがそうしているのかは分かりませんが、
アップしてWordPressで確認してみたらpngになっていました。

もしかしたらWordPressのバージョンによって違うのかもしれませんが、iPhoneとWebサービスの連携には罠があったりします。
Appleが独自のフォーマットを使用していたりするので。
簡単にいえばLightningケーブルなんかもそうですね。

ちなみに、iPhoneの設定でHEICに圧縮せず、互換性重視で。なんてのもあります。

※記事の内容は保証はしておりません(執筆時期や実施環境により挙動が変わるものがある為)。
別途検証してご利用いただくことをおすすめいたします。