GAS(Google Apps Script)触ってみた

こんにちは。ymです。
突然寒くなってきましたね。過ごしやすい秋はどこへ行ったのでしょう。
昼休みに弊社の大技師H.Wさんが歌う「とんぼのめがね」が哀愁を誘います。

さて、今回はGASについて述べようと思います。
書き方はほぼjavascript。

googleさんにアカウント登録して、googleDriveからスプレッドシートを開けば
誰でも使えます。(制約はありますが)
Googleスプレッドシート

よいところ

あ、これ便利~と思った機能とコードをご紹介しようかと思います。

シートにメニューを表示させる

「関数*」のところに関数名を入れると、「メニュー*」をクリックしたときにその関数が動作します。
実装が簡単でスタイリッシュ。

メールを送る

アカウントに紐づいているので、送信元の情報が不要です。
なので、これだけ。

翻訳する

これでGoogle翻訳ができます。簡単。(以下は英語→日本語の場合)

わるいところ

1点、わるいところをあげるとすれば。

不安定

これにつきます。
たとえば。。。
CSVをアップロードして、値を取得すると
2回に1回は取得できなかったりする。。。

まとめ

とっても便利なのですが、なんでも自由にできるかというとそうでもなく、
ある程度の不自由は許容しないとだめかも。

※記事の内容は保証はしておりません(執筆時期や実施環境により挙動が変わるものがある為)。
別途検証してご利用いただくことをおすすめいたします。