アフターエフェクト触ってみた

ウェブサイトに動画が使われるというのは、近年ではよくある表現方法として認知されるようになりました。
メインビジュアルにドットをかぶせて動画を流したり、YouTubeの動画を埋め込み商品を紹介したりするサイトを多く見ていると思います。
制作する側からみて、予算が組めるようなら、プロのカメラマン、編集に外注して作るのですが、そうもいかない場合はデザイナーがなんとか頑張ってやる必要が出てきます。
というわけで、勉強がてらAdobe After Effectsを初めて触ってみました。

はい。これ。


動画というか、詳しくないのでやたらな事が言えないのですが、モーショングラフィックスというか、多分そういうやつです。 どういうことをしたらどうなるのか、全くわからないので場当たり的に作ったわけで、もうちょっとこうしたかった部分があったりもしました。
一番苦労した点はSaberが動かなかったところです。
このプラグインCC2019ではそのままでは動きません。
インストーラーのパッケージの内容を表示からserber.pluginを拾って/Library/Application Support/Adobe/Common/Plug-ins/の中に入れることで、使用可能になります。