LANケーブルを作ってみる

今更ですがLANケーブルを作ってみたいと思います。
新入社員の子と一緒にお勉強もかねてですね。

まず準備するものはこれ

・LANケーブル(今回はCAT6を使います)
・RJ45コネクタ
・かしめ工具(RJ45用) ←調べるまで名前知りませんでした。。
・LANテスター
・カッター、ハサミ

ケーブルを必要な長さで切ります(今回は適当に5,60cmくらいです)

次に中身の芯線を切らないように外皮を3,4cm切ります

中心に通っている透明な棒を切ります(十字介在と言って銅線の位置ずれを防いだり、干渉ノイズを防ぐ役割がある)

残りの8本の線をばらして、並べます

今回はT568Bという配置で芯線を並べます。(ストレートケーブルではメジャーな配置)
1 橙白——————–橙白
2 橙———————-橙
3 緑白——————–緑白
4 青———————-青
5 青白——————–青白
6 緑———————-緑
7 茶白——————–茶白
8 茶———————-茶

線がズレないよう、そのままRJ45コネクタに差し込みます

最後にかしめ工具でコネクタを固定して完了です!

社内にテスターが転がっていたのでつないでみます

両端8つのランプが点滅したので問題なしです!

今回一緒にケーブルを作った新入社員の石川君はとても手先が器用でした。
(画像の手は石川君のものです)
いずれブログも書いてもらう予定なので、よろしくお願いします。

おまけ

~みんなでアイスタイムの様子~

※記事の内容は保証はしておりません(執筆時期や実施環境により挙動が変わるものがある為)。
別途検証してご利用いただくことをおすすめいたします。