DDNSクライアントツール「DiCE」Linux版の使用方法

※記事の内容は保証はしておりません(執筆時期や実施環境により挙動が変わるものがある為)。
別途検証してご利用いただくことをおすすめいたします。

以前、客先でDDNSの設定を行った時のクライアントツールについて備忘録。

DiCEはDDNSサービスにアドレスを通知するツールです。

windows版もありますが、サーバ上で動かすとなると
ライセンス不要なCentOSとかで動かすことが多いのではないかと思っています。
(私が設定したのもLinux版でしたし)

設定手順

1.以下、DiCE公式サイト様よりDiCEを入手する。
 http://www.hi-ho.ne.jp/yoshihiro_e/dice/linux.html
 現時点のLinux版の最終バージョンのファイル名は「diced01914.tar.gz」

2.DiCEを動かすLinuxサーバに手順1で入手したDiCEの圧縮ファイルを移す。

3.DiCEの圧縮ファイルを任意の場所で解凍する。
※以降のターミナルの操作は例

[root@localhost ~]# mv diced01914.tar.gz /usr
[root@localhost ~]# cd /usr/
[root@localhost usr]# tar zxvf diced01914.tar.gz

4.解凍すると「DiCE」ディレクトリができるので、
 DiCEを実行してみる。
 DiCEのターミナルになっていれば、プロンプトが「:」となる。

[root@localhost usr]# cd DiCE
[root@localhost DiCE]# ./diced

以下のように実行に失敗したら、ld-linux.so.2をインストールしてください

-bash: ./diced: /lib/ld-linux.so.2: bad ELF interpreter: そのようなファイルやデ ィレクトリはありません
[root@localhost DiCE]# yum install ld-linux.so.2

5.「setup」と入力し、DiCEの基本設定を行う。

:setup
IPアドレスの検出方法を指定してください
(0) 自動検出
(1) ローカルのネットワークアダプタから検出
(2) 外部のスクリプトから検出

(N)変更しない (P)戻る
>0
-------------------------------------------------
プライベートIPアドレスも検出対象ですか? (Y/N)

(P)戻る
>n
-------------------------------------------------
IPアドレスの検出をテストしますか? (Y/N)
(P)戻る
>y
検出IPアドレス>xxx.xxx.xxx.xxx ※グローバルアドレスが表示されます
-------------------------------------------------
IPアドレスの検出をテストしますか? (Y/N)
(P)戻る
>n
-------------------------------------------------
IPアドレスをチェックする間隔を指定してください(分)
設定可能範囲は5分以上です

(N)変更しない (P)戻る
>5
=================================================
DNSサーバーの負荷を軽減するために頻繁なDNS更新を防ぐ必要があります
前回の更新から一定時間DNS更新処理を行わないように保護時間を設定して
ください(分) 設定可能範囲は10分から1440分です

(N)変更しない (P)戻る
>10
=================================================
設定を保存しますか? (Y/N)
(P)戻る
>y
設定を保存しました
=================================================

6.「add」と入力し、DiCEのアドレス更新イベント設定を行う。
 今回はDiCE起動時とアドレス更新検知時にDDNSサービスに更新通知を出すようにする。
 ・DiCE起動イベント
:add
新しくイベントを追加します

DynamicDNSサービス名を入力してください
"?"で対応しているサービスを一覧表示します
(P)戻る
> ※DDNSのサービスを入力する。
-------------------------------------------------
<>
URL: ※DDNSサービスのURL
*** 情報 ***
ドメイン名、ホスト名についてはマスターID(ユーザー名)にて管理されています。
IPアドレスはサーバー側で自動検出します。
(これらは入力しても無視されます)
=================================================
ドメイン名を入力してください
"?"でドメイン一覧を表示します
(P)戻る
> ※DDNS和サービスのドメインを入力する。
=================================================
ホスト名を入力してください
(P)戻る
> ※DDNSサービスで登録したホスト名を入力する
=================================================
ログインユーザ名を入力してください
(P)戻る
> ※DDNSサービスで登録したログインユーザ名を入力する
=================================================
ログインパスワードを入力してください
(P)戻る
> ※DDNSサービスで登録したログインパスワード名を入力する
=================================================
登録するIPアドレスを入力してください
空白にすると現在のIPアドレスを自動検出します
(P)戻る
>
=================================================
このイベントに題名を付けてください
(P)戻る
> startup※好きなイベント名を入力する
=================================================
このイベントを実行するスケジュールを設定します
-------------------------------------------------
実行する頻度を指定してください (番号入力)
(0)1回のみ (1)1日1回 (2)1週間に1回 (3)1ヵ月に1回
(4)その他の周期 (5)IPアドレス変化時 (6)起動時
(P)戻る
>6
=================================================
=================================================
このイベントを有効にしますか? (Y/N)
(イベントの有効/無効は"EN/DIS"コマンドで切替えられます)
>y
=================================================
イベントを保存しますか? (Y/N)
>y
イベント"startup"を保存しました
=================================================

 ・グローバルIPアドレス更新イベント

:add
新しくイベントを追加します

DynamicDNSサービス名を入力してください
"?"で対応しているサービスを一覧表示します
(P)戻る
> ※DDNSのサービスを入力する。
-------------------------------------------------
<>
URL: ※DDNSサービスのURL
*** 情報 ***
ドメイン名、ホスト名についてはマスターID(ユーザー名)にて管理されています。
IPアドレスはサーバー側で自動検出します。
(これらは入力しても無視されます)
=================================================
ドメイン名を入力してください
"?"でドメイン一覧を表示します
(P)戻る
> ※DDNS和サービスのドメインを入力する。
=================================================
ホスト名を入力してください
(P)戻る
> ※DDNSサービスで登録したホスト名を入力する
=================================================
ログインユーザ名を入力してください
(P)戻る
> ※DDNSサービスで登録したログインユーザ名を入力する
=================================================
ログインパスワードを入力してください
(P)戻る
> ※DDNSサービスで登録したログインパスワード名を入力する
=================================================
登録するIPアドレスを入力してください
空白にすると現在のIPアドレスを自動検出します
(P)戻る
>
=================================================
このイベントに題名を付けてください
(P)戻る
>update ※好きなイベント名を入力する
=================================================
このイベントを実行するスケジュールを設定します
-------------------------------------------------
実行する頻度を指定してください (番号入力)
(0)1回のみ (1)1日1回 (2)1週間に1回 (3)1ヵ月に1回
(4)その他の周期 (5)IPアドレス変化時 (6)起動時
(P)戻る
>5
-------------------------------------------------
IPアドレスがあまり変化しない環境の場合、更新せずに一定期間を過ぎると
アカウントを削除されてしまうことがあります
IPアドレスの変化が無い時に実行する間隔を指定してください
(0)7日毎 (1)14日毎 (2)21日毎 (3)28日毎
(4)35日毎 (5)56日毎 (6)84日毎
(P)戻る
>0
=================================================
=================================================
このイベントを有効にしますか? (Y/N)
(イベントの有効/無効は"EN/DIS"コマンドで切替えられます)
>y
=================================================
イベントを保存しますか? (Y/N)
>y
イベント"update"を保存しました
=================================================

7.その後、DiCEを自動起動するようにする
 これについては割愛する(OS毎に違いますし)

まとめ

DDNSについて知識があるだけにならず、
学ぶ機会があってよかったかなと思いました。

※記事の内容は保証はしておりません(執筆時期や実施環境により挙動が変わるものがある為)。
別途検証してご利用いただくことをおすすめいたします。