サーバの容量がパンパンになった時に調べるコマンド

サーバ構築した際にいつのまにかサーバの容量がパンパンになってしまった時に使ったコマンドを教えます。

以下のコマンドを使えば、どこのフォルダの容量が多いのが一目でわかります。

du -h –max-depth=1 /

duコマンドが、ディスクの使用量をディレクトリごとに集計して表示してくれるコマンド -hオプションが、サイズに応じて読みやすい単位で表示してくれる —max-depthを1で指定することで一階層のみ表示してくれます。 2階層見たい場合は、2を入れてあげれば見れます。

サーバを構築するとどこかのファイルが大きくなってしまうことがあります。 その際にこのコマンドを使えばどこが容量を食ってるのかが一目でわかるので便利です。

※記事の内容は保証はしておりません(執筆時期や実施環境により挙動が変わるものがある為)。
別途検証してご利用いただくことをおすすめいたします。