リバースプロキシサーバについて

2回目の投稿です。

今回のお題

今回は、リバースプロキシについて簡単に記載していきたいと思います。

リバースプロキシとは

リバースプロキシは、クライアントPCからWebサーバに直接要求するのではなく、
Webサーバへの接続要求を受け取った代理のサーバがWebサーバにやり取りする「代理のサーバ」のことです。
文字だけだと分かりずらいので簡単な図を下記に掲載します。

リバースプロキシを構築する手段

メジャーな所だと、apacheを使って構築することが多いイメージがあります。
他の手段になると、下記に記載している内容かと思います。
・IIS※1
・Nginx
・squid

※1 IISで構築する場合は、特定のモジュール2種をインストールする必要があります。

リバースプロキシの構築をするなら

コマンドラインでの操作が苦手である場合は、IISで構築してみることをお勧めします。
理由は、GUIで操作ができるためです。
構築する手順などについては、Googleで検索すると沢山でるので今回は割愛させて頂きます。

リバースプロキシを構築する前に

リバースプロキシで使用するポートの設定などが必要となります。
80番ポートや8080番ポートなどが良く使われるような気がします。
後は書き換え対象のWebサーバの設定や要件を確認するだけです。

※記事の内容は保証はしておりません(執筆時期や実施環境により挙動が変わるものがある為)。
別途検証してご利用いただくことをおすすめいたします。