社内勉強会 – BIG-IP

またまた、やってきました恒例の社内勉強会、先月よりもエンジニアの数が

増えている様子。皆さん参加ありがとうございます。

今回は負荷分散について『BIG-IP』の仕様について!!

有識者のSさんは傍観者として参加してもらい、BIG-IPを触れたばかりのK君に

講師としてプレゼンをやってもらいました。

・レイヤ4負荷分散

・レイヤ7負荷分散

・Round Robin : ラウンドロビン→すべての接続を平等に分散

・Ratio : レシオ→定義した重み付けに従って接続を分散

・Dynamic Ratio :ダイナミックレート

→レート方式と同様だが、状況を判断して接続を分散

・Fastest : 最速応答時間→ノードの応答速度に基づいて接続を分散

・Least Connections : 最小コネクション

→現状の接続数が少ないノードに接続を渡す

・Observed

→Least Connections とFastest を組み合わせた分散方法

など、帯域/セッション数の観点で負荷分散するとのこと。

ここで、Sさんからコメント、サーバのパフォーマンス観点でも

負荷分散を実施する意味合いがあるらしい。

勉強になります。

勉強会後は皆が楽しみにしている飲み会です、今週もお疲れ様でした。

私もSIPについて、プレゼンしたのですが「準備不足」を露呈、出直します。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL