Google Analyticsで自分のアクセスを除外する方法!

概要

GAことGoogle Analyticsで自分のアクセスを除外する方法をご紹介します! Chromeにプラグインを入れる方法もあるんですが、 Chrome以外だったり、スマホだったりすると適用されないです。 なので、今回はIPアドレス指定での方法です。

手順

1.GAの自サイトホーム画面右下の歯車アイコンで設定画面に飛び、「フィルタ」をクリックします。

2.「フィルタを追加」をクリックします。

3.「フィルタ名」は任意です。「フィルタの情報」は左から「除外」、「IPアドレスからのトラフィック」、「等しい」。 その下のIPアドレス欄に除外するIPアドレスを入力し、「保存」を押したら終了です!

まとめ

せっかくGAを導入してもこれを設定しないと、自分のアクセスが全部入るのであまり意味がないですし、 プレビューページとかも出てきて結構うっとうしいです…。 先日、個人的なサイトに導入したのですが、これをやり忘れてて早速記事にしました。 経験談ですね。(泣)

花山泰弘

2017.2
IT業界仲間入り!
飲食歴8年

難しいっす…

※記事の内容は保証はしておりません(執筆時期や実施環境により挙動が変わるものがある為)。
別途検証してご利用いただくことをおすすめいたします。