2016年1月帰社日を開催!

あけましておめでとうございます!

帰社日運営委員長の田村です。

今年も宜しくお願い致します。

2016年一発目の帰社日を開催しました!

帰社日運営委員会の目標

  • 帰社日の参加率向上
  • Glodia社員全員で何か作り上げる
  • Glodia社員が考えたアイデアを世に出す
  • 帰社日を通じて、社員全員の技術力を向上させる
  • Glodia社員が自発的に行動できるように意識改革

今回は以下のセクションに分けて執り行いました。

【1】社内プレゼンテーション

【2】ディスカッション

【3】ディベート

社内プレゼンテーション

目的:制限時間ありの場を設けることによって、プレゼン力の向上を図るとともに、幅広い知見を高める

「新入社員_奮闘日誌」

第0話「わたくし!今日からエンジニア」(自己紹介)

第1話「なります!インフラエンジニア」(CCNAについて)

第2話「落ちます!未熟なエンジニア」(コンプライアンス)

第3話「厳しい!先輩エンジニア」(社会人ルール)

image2

今回は、全く違う業界からIT業界に飛び込んできた新入社員のプレゼンテーションです。

業界が違うと、慣例・ルールが違い、様々なシチュエーションで驚き、克服していくというストーリー性のあるプレゼンでした。

実体験を元に、これから新しく入社してくるであろう社員のための社会人ルールの紹介、

先輩社員に向けて、改めて自分の言動を見直すきっかけを与えてくれました。

昨今、社員の不祥事によって、企業の信頼を失墜させてしまうというニュースが後を絶ちません。

今回の社内プレゼンテーションを機に、改めて見直しましょう。

コンプライアンス、大事です。

ディスカッション

目的:議題を決めてグループ別に討論する時間を設けることによって、全社員が参加出来る仕組みを作るとともに、対話力の向上を図る

第2回目のお題は

「グローディアから新しいサービスを作る」

各チームに分かれて、ディスカッションを行ってもらい、

最後に各チーム模造紙に結論を書いていただき、プレゼンしていただきました!

最優秀案は今後グローディアの新しいサービスとして検討していきます!

P1040375

image4

最優秀チームは「イカ愛好会」チームでした!

人が違えば、出てくるアイディアも違ってくるのが必然。

各チームとても面白いサービス案が出ました。

今回の結果は、今後グローディアが新しいサービスを発表するまでお待ち下さい!

ディベート

目的:相対する意見を述べる時間を設けることによって、

  • 積極的に傾聴する能力

  • 自分の意見を効果的に人に伝える能力

  • 対立する側に立って、物事を考える習慣

  • 論理的に物事を考える能力

の向上を図る

ディベート時間が来るまで、自分が肯定派・否定派になるのか決めません。

ランダムに振り分けられたチームで短時間の中、役割を決め、相手の論点も予想しつつ議論の戦略を立て、

それぞれの話す内容の確認とチェックしてもらいます。

また、審査員に選ばれた人は、論議で提出されるだろう論点や

その論点をめぐる議論を予測して列挙します。審査基準についても話し合ってもらいます。

2016年一発目の論題は

「日本の消費税20%にすべし」

第1回で実施したディベートが価値論題だったこともあり、今回は政策論題を実施しました。

image1

勝者は「肯定派勝利」の勝利!消費税20%!!

準備期間が短かったこともあり、沈黙してしまうシーンが多々見受けられました。

自発的に行動(調査)することの大切さ、論理的に物事を考えることの大切さが身にしみたかなと思います。

また、チーム内打ち合わせの時間に若手社員を育成するため、

先輩社員が後輩にアドバイスしているシーンが見受けられました。

若手社員も、いずれ後輩が出来た時、頼りになる先輩になっていただきたいですね。

先輩の良いところは、どんどん吸収していきましょう!

 

限られた時間の中で、発表、ディベート、ディスカッションと有意義な時間の使い方ができ、 社員の意識・考え方も変わってきているかと思います。

来月も引き続き帰社日を運営してまいります。

これからもグローディアを宜しくお願いします!

 

 

田村

苦い珈琲と甘いデザート、夢の国が好きです。年間パスポートをゲットして2年になりますが、徐々にカメラが大きくなっていきます。バズーカといわれている150-600mmのレンズに手を出しそうです。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL