Excel VBAでチェスをつくってみよう(初心者向け)その5

~前回までのあらすじ~
「はじめから」ボタンを作って検証が楽になりました。

Excel VBAでチェスをつくってみよう(初心者向け)その4

こんにちは。親知らずを順番に抜いていっている最中のymです。

今回は、Module1に関数を書いて駒の動きをまとめてみることにします。

斜め前に敵がいると取れるようですね。

さて、前回や前々回と違い、subのあとのカッコの中に文字が入っています。
これが引数です。
Module1の関数に無い変数の中身をワークシート関数から引っ張ってきます。

そして、ワークシート関数での呼び出し方は以下のようになります。


Module1に値を渡してあげています。

今回はここまで!次回は他の駒の関数を作っていきましょう。


今回の内容をGitHubにコミットしましたのでご自由にお使いください。
こちらからどうぞ

ym

ゲーム(某カードゲーム含む)と鉄道と水族館で構成されているエンジニア。

※記事の内容は保証はしておりません(執筆時期や実施環境により挙動が変わるものがある為)。
別途検証してご利用いただくことをおすすめいたします。