ビジネスマナー研修を実施しました

朝夕の寒気が身にしみる時節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
夏より秋、冬が好きな田村です。


bm_001
唐突ですが、みなさん正しいビジネスマナーは身に付いていますか?
無我夢中で走ってきた新入社員のみなさんは、ようやく仕事に慣れ、自分らしさが出てきたかと思います。
入社して数年経つ社員のみなさんは、ある程度融通がきくようになり、様々な面で「自分流」になっているのではないでしょうか。

そこで気を付けなければなはないのが、ビジネスマナーです。

 ビジネスマナーとは

bm_002
ビジネスシーンでは、仕事をこなす以外にも、大切なことがあると感じる機会に出くわす事が多々あります。
例えば、自社内・取引先内を問わず、様々な年齢層の、様々な個性をお持ちの方と接する機会があります。
そういった方々から信頼を得る事は、ビジネスを円滑に進める上でとても重要なことです。

ビジネスマナーとは、コミュニケーションの潤滑油のようなもの。
人と人を結びつける最初の一歩です。
そこで、グローディアでは、身だしなみからビジネスシーンでの立ち振る舞いまで、社会人としての基本的なマナーを身に付けるべく、本年度入社した社員向けにビジネスマナー研修を実施しました!
恐縮ですが、わたくし田村が講師を務めさせていただきました。


 おさらい

bm_003
まずは、「ビジネスマナーの必要性」と「社会人と学生の違いについて」をおさらいしました。
学生と社会人とでは、環境・立場、接する相手、時間の使い方、言葉遣いなど、全てにおいて変わってきます。
違いを⼀⾔で表すと「責任」の重さです。
⾃分の⾏動が、職場の同僚、上司、仕事の取引先など、様々な⼈に影響を与えるため、社会⼈になると今まで以上に⾃分の⾏動に責任を持たなければなりません。


bm_004
みなさん真面目に聞いて、しっかりとメモも取っていますね!
「第⼀印象の重要性」「メールマナーの基本」「身だしなみの基本」
「電話応対の基本」「訪問時の基本」「報連相の重要性」などなど、数時間ものボリュームのある研修になってしまいました。


 実践の時間

bm_005
ビジネスは、挨拶と名刺交換から始まります。
まず⼤切な事は、いただいた名刺は、相⼿の分⾝と考え丁寧に扱うことです。
その気持ちだけでも⾃然と名刺交換のマナーは向上します。
ということで!実際にみなさんに名刺交換がしっかりできるか実践してもらいました!


bm_006


bm_007
最初は皆さん、ぎこちない感じでしたが、最後はリラックスして笑顔で名刺交換ができるようになっていました。
名刺交換を実施する機会が少ない社員や、ベテラン社員も参加し、正しい名刺交換の方法を復習することができたようです。


 最後に

bm_008
学生までは、自分一人の勝手な行動が許されました。
苦手・嫌いな人がいても無視をし、好きな人とだけ好きな事ができました。
しかし、社会では、そうはいきません。
大勢の人と協力をしながら仕事をしなければならないのです。
企業とは、数多くの人の集まりから成り立っており、社会人になるということは、その一員になるということです。
様々な年齢層の様々な個性をお持ちの方がいます。
苦手なタイプもたくさんいるでしょう。

こんなときこそ、ビジネスマナーが役に立つのです。

お互いに不快を与えず、気持ち良く仕事をしたいですよね。
マナーがあれば、嫌いな人と一緒になっても、喧嘩をせずに仕事を進める事ができます。
たくさんの人がいても、一致団結して仕事を進めることができるよつになります。

社会人として、まず気を付けなければならないのは、マナーです。
大勢の人と力を合わせて気持ち良く仕事をするためには、必ず身に付けておかなければなりません。
「身に付けておいたほうがいい」ではなく「なければならない」のです。

マナーを身に付ければ、今まで以上に魅力的な人になれるでしょう。
昔の人の経験の蓄積によって生まれた、優れた知識であるビジネスマナー。
これを機に、改めて見直してはいかがでしょうか。




bm_009
それにしても、自分なかなか偉そうだなあ(笑)

田村
ビジネスソリューション部門所属。 帰社日運営委員長。 主にプロジェクトマネジメントを。 人をどのように動かしていけば良いのか、どのようにプロジェクトを成功に導くか、日々考えてます。 珈琲と甘いもの、夢の国が好きです。 最近は海の年間パスポートをゲットし、仕事終わりにビールを飲むだけのために入園するという荒技を繰り出してます。