2016年5月帰社日を開催!

いつのまにか、日中は汗ばむような季節となりました。

帰社日運営委員長の田村です。

2016年5月の帰社日を開催しました。

 帰社日運営委員会の目標

  • 帰社日の参加率向上
  • Glodia社員全員で何か作り上げる
  • Glodia社員が考えたアイデアを世に出す
  • 帰社日を通じて、社員全員の技術力を向上させる
  • Glodia社員が自発的に行動できるように意識改革

今回は以下のセクションに分けて執り行いました。

【1】社内プレゼンテーション

【2】ディスカッション

 社内プレゼンテーション

目的:制限時間ありの場を設けることによって、プレゼン力の向上を図るとともに、幅広い知見を高める


「TVゲームにおけるパスワードのしくみ」


ファミコン初期時代、セーブデータの再開するときの方法を覚えていますか?

「にのばおけ けわせつぞずだ でのもられ るぎざ」

このような文字列を入力した記憶がありませんか?

この文字列を打ち込むことでゲームを再開できた・・・

ということは、この文字列に ゲームのデータが詰まっている!! ということになります。

コンピュータは 「0」 と 「1」 の並びを読み書きすることで、文字や絵・写真を表示したり記録しているのです。

画像データなどもすべて 「0」 と 「1」 で表現されています。

①ゲームデータを 「0」 と 「1」 で表した後、暗号化し、できた 0・1 の並びを

「ひらがな」に変換して表示しているだけです!

・・・と、とあるゲームを引用し、わかりやすくプレゼンしていただきました。


また、QRコードについても説明いただきました!

小さな四角が黒か白かで 「0」 か 「1」 かを表現しています。

つまりQRコードも 0・1 の羅列です。

大きな3つの四角でどこが上かを判定してから、

0・1 を順に取得して復号化することで、URLなどの情報を取り出すということです。

うーんなるほどためになるなー!!

「田村が気になった「サービス」や「技術」」



タイトルの通り、私田村が日々気になったサービスや技術を社員へ共有するため

帰社日の時間を使い、プレゼンさせていただきました!

詳しくはこちら⇒  田村が気になった「サービス」や「技術」

ただ単純にインターネットでニュースを見るだけでなく、もう一歩踏み込み、

  • ニュースのその先を調べる
  • 調べたものを纏める
  • まとめた情報を共有する

このアクションを実施するしないで、理解度が 段違いで変わります。

「人に説明すること」

自分がちゃんと理解していて、どんな角度から質問がきても答えられる状態になってこそ、

「理解できた」と言えるのではないかと思います。

また、常に 魅せる プレゼンを心掛けています。

資料を見せる時、相手に考えさせない。

直感的に、視覚的に理解出来る資料を作っています。

資料作りのコツはまた次回・・・


 ディスカッション

今回は今までと違い、ゲーム性の強い

「コンセンサスゲーム : NASAゲーム」

というものを実施しました!

「NASAゲーム」は月で遭難したメンバーが、月に不時着した宇宙船の中から見つけた10個のアイテムの

重要度についてコンセンサスを求めるゲームです。

グループで意見をまとめるには、グループ内で話し合いを十分にして、

メンバー全員が納得出来る決定をしていかなければなりません。

「コンセンサスゲーム」を通して、

これから経験する様々な協同作業をスムーズに行えるようになろう!

ということで、色々体験していきましょう。


NASAゲームのルール

あなたの乗った宇宙船が、月で不時着してしまいました。

あなたは300km離れた陽の当たっている月面上にある母船と

ランデブーする予定でした。

しかし、荒っぽい着陸で、あなたの小宇宙船は離れ、

宇宙船の中でも設備もほとんど離れてしまいました。

残されたものは、以下のリストにある10のアイテムだけです。


10のアイテム



「月で遭難したら?」のやり方

ゲームは以下の流れで実施しました!

  1. ルールの説明
  2. まずは個人で考えます(10分間)
  3. グループ(4〜6名)で考えます(30分)
  4. グループごとの発表(優先順位とその理由)
  5. 模範解答を配布
  6. 模範解答の順位との差を求め、差の合計を算出する
  7. 模範解答との差が最も小さいグループと個人の優勝
  8. 振り返り

全体を通して1時間〜1時間半くらいです。

コンセンサスゲームのポイント

以下の4点を意識してゲームに取り組んでもらいました!

  • グループで考えることのメリットの理解
  • 合意形成の難しさの体感
  • 合意形成を行うためのコミュニケーションスキルの把握
  • コミュニケーションスキルの理解


  • 今回の目的は、合意を得ることの難しさを体感することでした。

    人によって価値観はバラバラです。

    今回で言うと、生存するためには何を持って行くのが良いのか、人によって捉え方は様々でしょう。

    そんな中、他人の価値観を受け容れ、

    なおかつ、自分の価値観を納得できるよう説明できなければなりません。

    コンセンサスをとることは非常に難しいのです。

    そんなことを今回は体感できたのではないでしょうか。

    今回の経験を、ぜひとも活かしてもらいたいですね!

    それではまた次回〜

    田村
    ビジネスソリューション部門所属。 帰社日運営委員長。 主にプロジェクトマネジメントを。 人をどのように動かしていけば良いのか、どのようにプロジェクトを成功に導くか、日々考えてます。 珈琲と甘いもの、夢の国が好きです。 最近は海の年間パスポートをゲットし、仕事終わりにビールを飲むだけのために入園するという荒技を繰り出してます。